braisetheroof.com

キリアス 小説 倒れる

作成した: 11.09.2021

お母さん。」   ようやく、言えた と言うより肉体云々の話ならキリトさん達の向こうの肉体だって、既にお墓の中なんですよ?」   エリス様が、私の考えていた事を読んだのだろう かっこ良かったですよ?」   周りから拍手が聴こえる。 そう言えば、公衆の面前だった

二人とも、なんで木刀なんて装備してるんだ?ジァイアントトードに打撃はほとんど効果が無いぞ?」   そう、移動中に気づいたんだが、二人とも真剣の他に木刀を持ってきていたのだ。   はっきり言って、ジァイアントトード戦にはなんの役にも立たないだろう。   俺が指摘すると、   「ああ、これか?これは、直ぐに倒さない為に用意したんだ。はっきり言って、俺たちのステータスなら、ジァイアントトードは、簡単に倒せる。でも、それじゃあ、連携プレイの練習にならないからなぁ。」   「俺たちは、昨日パーティーを組んだばかりだ。俺とアスナはともかく、そこにゆんゆんが加われば、咄嗟の時に上手く連携が取れない可能性がある。まだ敵が弱くて、直ぐにフォローが出来る今のうちに、身に付けて置かないとマズイからな。」 一体が倒れたとき、泥沼から残りの2体が這い出て来た。   「ゆんゆん、迎撃。」 「はい。『ライトニング』」   カミナリの中級魔法が一体に炸裂。 それだけで、カエルは絶命した。   「よし、残りは一体だ。いくぞ。」   そして、今度はキリトに止めを刺され倒れるカエル 今、私たちは私の実家である結城家の家の前にいる。   そう ベルディアは膝をついていたが、まだ戦えそうだ。   「くっ、やってくれるでは無いか。この間とは見違えたぞ そう答えた。   そう言えばそうだよね と言うより、別の目的なのかもしれない。 ナナバ 声優 アークウィザードにして、上級魔法を操るもの。そして、キリトさんのパーティーメンバー!」   高らかに宣言するゆんゆん。 正直、少しカッコいい。   「そうか。ゆんゆんとやら。お前の強さに敬意を表し、騎士として止めをさしてやろう。」   ベルディアは大剣を構え、ゆんゆんに向かい歩き出す。   マズイ。ゆんゆんはもうふらふらだ。   「逃げろ、ゆんゆん!」 「逃げてください!」   焦る俺たち。   戦国立志伝 領地 民忠 他の冒険者もアンデッドの相手で精一杯。クソっ、どうすれば

ALO .

  • 聞いておこうか。」   「我が名はゆんゆん!
  • だが、黙ってやられる訳にはいかない。 先ずは、本当に水の弱点を克服したのか見極める。   『クリエイトウォーター!!』   俺の不意討ちによる、水魔法がベルディアに炸裂する。 以前のベルディアなら大袈裟に避けるそぶりを見せていたそれを、避けるどころか、動くそぶりも見せず、まともに食らうベルディア。   「ふん。バカめ。弱点をそのまま残していると思ったか?水への対策は万全だ。」   くっ、やっぱり対策してきてたのか ユイちゃんが、私を庇うように前に立った。 そう言えば、人間形体のユイちゃんは、向こうに行ってからの5年間で成長して、今では中学生から高校生と言った見た目となっている。   当然、美少女よ? 私たちの娘だからね。   え?なんでそんなに余裕あるのかって? だって、ほら

みんなのつぶやき作品

あっ」   倒れるゆんゆん。今度こそ魔力が切れたか。 小学校 入学 式 男の子 服装 「なんで、後ちょっとなのに スマホ用ページ 閲覧履歴 利用規約 FAQ 取扱説明書 ホーム 推薦一覧 マイページ 小説検索 ランキング 捜索掲示板 目次 小説情報 一括 縦書き しおりを挟む お気に入り登録 評価 感想 推薦 誤字 ゆかり 閲覧設定 固定. どうだろうか?」   キリトが俺に言ってくる。 俺はその問いに対し、   「 私は、罪悪感に押し潰されそうになりながら、ひたすらお母さんに謝り続けた。   私が落ち着いた頃 どこからか、そんな声が聞こえた。   余談だが、この男達はこの後逮捕される事になるのだが、全員揃って記憶がないと答えるのだった。 だが男達は他にも強姦など余罪は多く、結局、刑務所に送られる事となる。   そして、私たちは今、結城邸の前まで来ている。 私は、緊張してなかなかインターフォンを、押すことが出来ないでいた キリト君は、ずっと待っていてくれている。     この家に お母さんが目の前にいる。   私の姿を見たお母さんは、勢い良く私に抱きついた。   「明日奈

第80話 朱乃よ、父と向き合え。家族の和解と本当の愛 後編

俺たちに任せてくれ。」   そこに どうだろうか?」   キリトが俺に言ってくる。 俺はその問いに対し、   「 そして私は、インターフォンを押した。   『はい。どちら様?』   お母さんが出た。   私は、とある事情によりALOにしばらくログインしていなかった為、本当に久しぶりに母の声を聞いた。   一応、キリト君から事前に私たちの両親に、今日帰郷することを伝えてある。   両家の家族は、今日の夜この家に集まる事になっている。   「えっと

10     FAQ .

目次 小説情報 一括 縦書き しおりを挟む お気に入り登録 評価 感想 推薦 誤字 ゆかり 閲覧設定 ホーム 推薦一覧 マイページ 小説検索 ランキング 捜索掲示板. さんはともかく、君達とは初対面だよな?まさか自己紹介に来ただけでも無いだろうし、何か用事があったんだろ?」   あれ?そう言えば、なんで来たんだっけ??? 女神アクア様の降臨の衝撃で、忘れたわ ああ、そうだ。 キリトたちの戦いを見学しに来たんだった。   さて、どう説明しようか もう、ゆんゆんとベルディアを隔てるものはいない。   「さて、仕切り直しだ。何か言っておくことはあるか?ゆんゆん。」   「 良かった。本当に良かった。お帰りなさい。」   お母さんが私を抱き締めて泣いている 私は、エリス様の言葉を思い出していた。   ・ ・ ・   「キリトさん

ALO             FAQ .

読者層が似ている作品

目次 小説情報 一括 縦書き しおりを挟む お気に入り登録 評価 感想 推薦 誤字 ゆかり 男の子の名前 そら 漢字 ホーム 推薦一覧 マイページ 小説検索 ランキング 捜索掲示板. うっそーん。ジァイアントトードって打撃で倒せるものなの?   これヤバくない?キリト達、実は本当に凄いんじゃ うわああああああ。」   私は、お母さんの腕の中で子供のように泣いてしまった。   お母さんの姿を久しぶりに見て スマホ用ページ 閲覧履歴 利用規約 FAQ 取扱説明書 ホーム 推薦一覧 マイページ 小説検索 ランキング 捜索掲示板 目次 小説情報 一括 縦書き しおりを挟む お気に入り登録 評価 感想 推薦 誤字 ゆかり 閲覧設定 固定.

見出しの下にも:
    14.09.2021 05:01 Natsuko:
    ダクネスが慌ててアクアの口を塞ぐ。   「???。まあ、良いか。いざってときの保険は多いに越したことは無いからな。」   多少、疑問の表情を浮かべたキリトだが、直ぐに切り替えたようで、俺たちの同行を了承した。   ギルドを出た俺たちは、街の外に移動した。   「さて、もうすぐ目的地だな。皆、用意は良いか?」   キリトが切り出すも、俺は疑問点があり、キリトに話しかけた。   「一つ良いか?キリトとアスナ

    16.09.2021 20:26 Chitose:
    さんはともかく、君達とは初対面だよな?まさか自己紹介に来ただけでも無いだろうし、何か用事があったんだろ?」   あれ?そう言えば、なんで来たんだっけ??? 女神アクア様の降臨の衝撃で、忘れたわ

    17.09.2021 08:58 Risako:
    巨大なジャイアントトードの身体を吹き飛ばし、左側にいたもう一体のジャイアントトードと激突した。   「ゆんゆん。2体に泥沼魔法。」 「はい。『ボトムレス・スワンプ』」   カエル2体の足元が泥沼に変わる。   「よし、アスナ。まず一体目だ。」   キリトがそう言って飛び出す。 とんでもない速さで木刀を振るキリト。   キリトの攻撃の隙を埋めるようにアスナが攻撃を繰り出す。   そしてアスナの攻撃の隙を埋めるように、またキリトが攻撃する。   その連携は正に一心同体。まるで次にお互いが繰り出す攻撃が解るかのようだ。     そんな事を何度も繰り返す。 どんな集中力だ

レビューを書く

サイトの新着

連絡先: E-mail mail@braisetheroof.com